• ホーム
  • ウォーターサーバーなら天然水のマイウォーター: 検索結果

タグ「妊娠」が付けられているもの

女性の基礎代謝量変動

2009年5月22日 株式会社モビメント |

女性安静時に自然と消費される基礎代謝量。
基礎代謝量は、人によって様々ですが、性別や年齢、体格、人種以外にも影響のあることがいくつかあります。
 
まずは、その人の栄養状態です。
栄養状態が悪い人は、たんぱく質の合成が低下するためエネルギー消費が抑制されてしまいます。

食生活が偏っている人、無理なダイエットを続けている人、長期にわたる栄養不足、栄養失調症の人などは基礎代謝量が10%から30%低下していると言われています。
痩せるためのダイエットも、無理をすると逆に痩せにくい体を作っているというわけです。
 
他にも、風邪などで発熱し、体温が高い時にも基礎代謝は高くなります。
体温が1℃上昇すると、基礎代謝は13%増加します。
基礎代謝を調節するのは甲状腺ホルモンですが、このホルモンの分泌が多くなるバセドウ病などでは、通常の2倍にもなることがあります。
 
 
女性の場合、月経も基礎代謝量を変化させます。
月経中は最低値になり、その後、次第に増加していき、月経が始まる2、3日前には基礎代謝量は最高に
なります。
ダイエットを考えている女性は、基礎代謝が高い月経が始まる直前がポイントです。
この時期に活動エネルギーを増やせば、より効果的にダイエットができるわけです。
 
妊娠によっても基礎代謝量は変化します。
妊娠4ヶ月目までは変化は見られませんが、胎児が大きくなるにつれて増加して、妊娠後期には、約20%増えます。
 
 

妊娠中・授乳中の方にはビタミン・ミネラルが必要

2009年5月 7日 株式会社モビメント |

water012.jpgビタミンとミネラルは誰にとっても必要な栄養素ですが、特に必要な人は授乳する妊娠している人です。
妊娠しているときは、自分の分、お腹にいる赤ちゃんの分と二人分のビタミンとミネラルが
必要です。

お母さんと赤ちゃんは一心同体ですのでお母さんがビタミンやミネラルの栄養素が不足してしまうと、同じように赤ちゃんも不足してしまうということになってしまいます。

ミネラルは、細胞を形成するなど人間が成長するためにとても必要な栄養素です。
特に赤ちゃんの場合はお腹の中で細胞が形成されるので、ミネラルを充分に摂取することがとても大切です。
ミネラルが不足した状態になると最悪は成長障害が起こる可能性もあると言われているくらい深刻な
ことなのです。
 
このことに日本以上に真剣に取り組んでいるのがアメリカです。
アメリカではミネラルやビタミンの他に葉酸を摂取することも推奨されています。

葉酸というのは造血ビタミンという呼び名があるくらいですから血液を作るために必要なビタミンです。ですから、赤ちゃんにとっても重要なビタミンということになります。
 
お腹の中にいるときでも、授乳中のときでもお母さんと赤ちゃんは一心同体です。
現在の生活の中ではどうしてもミネラルやビタミンが不足してしまいがちです。
だから、意識をしてお母さんが良質なビタミンやミネラルをきちんと摂取して赤ちゃんに分けてあげましょう。
 
 

1