• ホーム
  • ウォーターサーバーなら天然水のマイウォーター: 検索結果

タグ「基礎代謝量」が付けられているもの

女性の基礎代謝量変動

2009年5月22日 株式会社モビメント |

女性安静時に自然と消費される基礎代謝量。
基礎代謝量は、人によって様々ですが、性別や年齢、体格、人種以外にも影響のあることがいくつかあります。
 
まずは、その人の栄養状態です。
栄養状態が悪い人は、たんぱく質の合成が低下するためエネルギー消費が抑制されてしまいます。

食生活が偏っている人、無理なダイエットを続けている人、長期にわたる栄養不足、栄養失調症の人などは基礎代謝量が10%から30%低下していると言われています。
痩せるためのダイエットも、無理をすると逆に痩せにくい体を作っているというわけです。
 
他にも、風邪などで発熱し、体温が高い時にも基礎代謝は高くなります。
体温が1℃上昇すると、基礎代謝は13%増加します。
基礎代謝を調節するのは甲状腺ホルモンですが、このホルモンの分泌が多くなるバセドウ病などでは、通常の2倍にもなることがあります。
 
 
女性の場合、月経も基礎代謝量を変化させます。
月経中は最低値になり、その後、次第に増加していき、月経が始まる2、3日前には基礎代謝量は最高に
なります。
ダイエットを考えている女性は、基礎代謝が高い月経が始まる直前がポイントです。
この時期に活動エネルギーを増やせば、より効果的にダイエットができるわけです。
 
妊娠によっても基礎代謝量は変化します。
妊娠4ヶ月目までは変化は見られませんが、胎児が大きくなるにつれて増加して、妊娠後期には、約20%増えます。
 
 

基礎代謝量の違い1

2009年5月15日 株式会社モビメント |

女性 生命維持をするために、必要最低限のエネルギー消費量を示す基礎代謝量。
 
この基礎代謝量が高いと脂肪が燃焼されやすく、太りにくい体を作ることが
できます。
しかし、この基礎代謝量には個人差があります。

まず性別によって大きな違いがあります。
女性には妊娠・出産という特別な仕事がありますから、この大切な仕事のために男性よりも女性の方が基礎代謝量が低く、少ないエネルギーで生命維持することができるようになっています。
 
一般的な数値は、成人した男性は1日当たり約1200から1600kcal、女性では約1000kcalから1300kcalです。
 
年齢によっても大きな違いが出ます。
20歳前の成長期が最も高く、平均値では男性が1日当たり1500kcal、女性では1200kcalになります。
成長期後は次第に減っていき、40才前後で、男性では1450kcal、女性は1150kcalになります。
50才前後になるとさらに減少し、男性では1400kcal、女性は1100kcalにまで下がります。
 
食事量は変わっていないけど、年をとるごとに太りだした・・という人も多いと思いますが、これは基礎代謝量の変化によるものです。
 
基礎代謝量が減ることにより、日常生活の中では少ないエネルギーしか必要としなくなります。
その結果、若い時と同じだけの量を食べていると、どんどん体の中に蓄積されてしまうわけなのです。

 
カロリー摂取過多の状態にならないよう、摂取カロリーを調整したり、基礎代謝アップを心がけたりなど生活改善が必要になります。
 
 
1